日本人が海外でレンタカーを借りるには

日本人が海外へ旅行や仕事に行くことが多くなってきています。グローバル化の影響なのか、ここ数年仕事などで海外へ渡る方が多いそうです。現地で、もしレンタカーを借りることがある場合、そのような準備が必要なのでしょう。

基本は、海外の方が日本で車を借りる時と同じです。日本の運転免許証と国際運転免許証の両方が必要になります。または、現地と日本との間で取り決めた機関などが発行した、免許を現地の言語に訳した紙と日本の運転免許証の所持が必要です。

ただし、道路交通に関する国際条約というのが実は2つあって、日本は後から発効された条約には加盟していません。したがって日本人が現地でレンタカーを借り受ける場合、国際免許証所持のパターンと取り決め機関発行の翻訳した紙を所持するパターンの2パターンがあることになります。

どちらの方法でレンタカーを借りるかは、現地の情報を事前に確認しておくことが必要でしょう。現地に行った後に慌てないようにしっかりと準備していきましょう。

カテゴリー: お気に入りのHP | タグ: , , | コメントする

外国の方が日本でレンタカーを借りるには

海外からの旅行客が日本国内を移動する時は、東京などの都心だと電車や自転車での移動のほうが便利で楽なのですが、旅行するのはいつでも都心とは限りません。地方に旅行して移動する時にレンタカーを借りるとすると、どのような準備が必要なのでしょうか。

海外の方が日本で車をレンタルする場合、基本として自国の運転免許証と国際運転免許証の両方を所持している必要があります。また道路交通に関する条約に加盟していない国の方の場合は、その方の国と日本との間で取り決めた機関や団体が発行する、免許を日本語に訳した紙と自国の運転免許証を所持している必要があります。

ちなみに国際運転免許証だけでは車を運転することもレンタカーを借りることもできません。自国の運転免許証に付随することで初めて国際運転免許証は効力を発揮します。

意思の疎通が難しいという理由で海外の方には貸し出しをしないレンタカー会社があったり、逆にバイリンガルなスタッフを常駐させる業者もあったりと対応はさまざまなようです。

カテゴリー: お気に入りのHP | タグ: , , | コメントする

レンタカーを借りる最低条件とは

レンタカー会社から車を借りる際には『最低条件』というものが必ず存在します。まず日本人が日本で車をレンタルする場合を考えていきたいと思います。

当然のことながら日本国内で有効な自動車運転免許が必要です。しかし、初心運転者には貸し渋りの傾向が見られます。車を貸す会社のほうも、大事な商売道具を貸すわけですから車の運転を始めたばかりの方には貸しにくいのが現状のようです。

また、過去にレンタカーを借り逃げした、直近で大きな事故を起こしていた、犯罪に利用したことがあるなどの理由がある方は車レンタル会社を統括する機関のデータベースに登録されており、この情報が日本国内の車レンタル会社で閲覧できるため、車を借りることが一切できなくなります。

レンタカーは他人が所有している車を、お金を出して借りているものです。「金を払っているのだから」と車を乱暴に扱う方がいるようですが、けして横柄に雑に扱わずに、丁寧に取り扱って安全運転を心掛けるようにしましょう。

カテゴリー: お気に入りのHP | タグ: , , | コメントする

『レンタカー』は海外では通用しない?

『レンタカー』が英語圏ではあまり通用しないのを知っていますか?実はよく目にする『Rent-A-Car』をローマ字読みしたものなのですが、この『Rent-A-Car』は和製英語なのです。

英語圏では『Car Rental』または『Rental Car』と言われるのが一般的です。英語圏の方の発音を真似してみると『レンタカー』と発音してしまいます。そして、それが日本の車レンタル業の名前の由来になったという説もあります。

他にも単純に、カー『リース』よりも借り受ける期間が短いのでカー『レンタル』から『レンタカー』になった、という説や、語源の言葉『rent a car』を直訳すると「車を借りる」となるため、車レンタル業の名称にそのまま付けたという説もあります。しかし、いずれにしても英語圏で通じにくい単語ではあるようです。

最近、英語圏でも日本人向けでしょうか、『Rent-A-Car』と表記されている車レンタル業の会社が見られるようになったということです。

カテゴリー: お気に入りのHP | タグ: , , | コメントする

日本のレンタカーの最初とは

世界でレンタカーの歴史がいつ始まったのかは定かではないそうです。日本においても比較的歴史が浅く、大正時代にようやく車というものが日本に入ってきてから出てくる上流の職業だったというのはわかっているそうです。

大正時代のレンタル方法は『運転者付きの車貸し出し』だったそうです。今では禁止されているレンタカー会社からの運転者の紹介・斡旋を大正時代では行っていたことになります。

この車貸し出しが行われた当時は、免許所持者が少なく、免許を取る方も特別な職業に就いている方が多く、また車自体も高価で非常に珍しい希少なものだったので上流階級の方のための職だったのではないかと思われます。現在で言うとハイヤーに近い存在だったのではないでしょうか。

現代の日本では車レンタル会社からの運転者の紹介などを禁止していますが、海外では運転者付きで車がレンタルされることは当たり前のようです。ただし、この海外の運転者付きレンタカーも利用者が外国人である、などの制約が多いそうです。

カテゴリー: お気に入りのHP | タグ: , , | コメントする

レンタカーはAT車が多いそうです

近年はAT(オートマチック)車限定の自動車運転免許所持者が多いです。それに伴い、自動車レンタル会社も所有しているほとんどがAT車だそうです。

レンタカー会社では以前はMT(ミッション)車が多かったそうですが、近年のAT限定免許所持者の増加を受けてAT車を多く取り扱っているそうです。MTが一般的な4トントラックでも、レンタルできる車はAT仕様になっているそうです。

基本的にMTで運転免許を取っていればATも扱えるので支障はないのですが、レンタカー会社の中には全車AT車という会社もあるそうです。そうなるとMT車のほうが一般的な車種などは取り扱っていない可能性が高いことになります。また近くにある会社がAT車のみの場合、別の会社を探さないといけなくなります。

したがってMT車を使用したい場合は予約をしたり、レンタカー会社に確認したりする必要があります。ちなみに通行方向などが日本と同じであるイギリスでは、レンタルできる車はAT車よりMT車が多いそうです。

カテゴリー: お気に入りのHP | コメントする